2016年2月 のアーカイブ

信頼される街の薬剤師とは

2016年2月5日 金曜日

これからの薬局づくりに欠かせないのが「人間力」です。

理想は「患者さんから信頼される薬剤師」だが…

私は以前、「質問ノートは現場力の結晶」という記事を書きました。

以前の記事より一部抜粋。
 “窓口で質問をしてくる患者さんから見れば、その薬剤師さんが、どれだけ学生時代に良い成績を残した人であろうが、どれだけ素晴らしい論文を発表した人であろうが、全く関係ありません。いかに安心して納得できる言葉をかけられる薬剤師であるかどうか、これこそが全てなのです。”

 私も薬剤師です。この事を意識して現場に立つ努力をしているのですが、理想通りに立ち振舞えているわけではありません。正直なところ、実際の現場では理想どおりにできる時とできない時がある、というのが事実です。

患者さんから指名される薬剤師
 そんなある日、私が店舗の投薬カウンターに入っている時のことです。新聞の切り抜きを手に持った70歳代の女性が薬局窓口にいらっしゃいました。
 女性「あの…、ちょっと、すみません。申し訳ないですが、奥で仕事をしている男性の薬剤師さんにお尋ねしたいことがあって。お呼びしていただけますか?」
 呼ばれた当社スタッフが表に出ると、その女性は新聞の切り抜きを見せながら彼に話し始めました。5分程度だったと思います。その女性はひとしきり話しを終わった後、笑顔で帰って行きました。対応したスタッフに話の内容を聞いてみると、新聞に記載されている記事と健康食品の摂取についての相談であったとのことでした。普段から当薬局でお薬を渡している患者さんであるので、定期薬のことも交えてアドバイスしたようでした。
 また別の日、同じ店舗で私が投薬カウンターに入っている時のことです。ある患者さんのお薬手帳を確認していると、手帳の隙間に「◯◯薬局の薬剤師、◯◯さんに相談」と書かれた手書きのメモを発見しました。当社の薬局スタッフの名前だったので不思議に思い、その女性に尋ねてみると「この前ね、薬の副作用が出て、ここの薬局の薬剤師さんに相談したのよ。親切に答えてくれたので、何が原因か判明して助かったのよ。だから、記録しておいたの。」との答えが…。
 わざわざ当社の薬剤師を指名して相談に来る患者さんがいるという事に対し、私は非常に嬉しく、そして誇りに思いました。

昔は「街の科学者」だった薬剤師
 30~40年前、街に存在する薬局の薬剤師は街の科学者でした。薬を販売するだけではなく、病気の相談や、健康食品などの相談、さらには害虫の駆除から学校保健などの公衆衛生に関することまで、様々な相談をうけていたと聞きます。実際、私が幼いころの薬局のイメージは「体に関することを何でも答えてくれるおじさんがいて、たまに栄養剤や風船をプレゼントしてくれる楽しい空間」でした。しかし、残念ながら今は、ほとんどの薬局が「調剤」を中心に行っており、処方せんを持っていないと入れない場所になっています。
 また、平成26年1月に日本医療薬学会より公表された「薬局の求められる機能とあるべき姿」には「薬局は地域に密着した健康情報の拠点として、セルフメディケーションの推進のために、一般用医薬品等の適正な使用に関する助言や健康情報に関する相談、情報提供等を実施することが求められている。」との記載があります。つまり、これからの薬局は以前のような「健康相談」という機能を備えるべきという方向性なのですが、まだまだ現実と理想とは程遠い状況にあります。

まずは目の前にいる患者さんを大切に
 現在の街の薬局では、その仕事の中心が「調剤」に変わってしまいました。それは時代の流れとともに業態が変化しており、当然の結果でもあります。実際のところ、処方せんを持たない患者さんがふらりと薬局に入り、健康の相談をする光景を目にする事はほとんどないでしょう。
 しかし、せめて定期的に処方箋を持ってくる患者さんに対しては、「この薬剤師さんは健康に関する相談をすると答えてくれる。ちゃんと親身になって聞いてくれる。信頼できる人だ。」と思ってもらえるようになりたいものです。
 実際のところ、たくさんの患者さんが待っている中で、一人の患者さんの相談に長い時間をかけることは難しいでしょう。しかし、だからといって諦めてはいけません。現代では、調剤機器やシステムの力を使えば調剤にかける時間を短くすることは可能です。それらを導入し、空いた時間で出来るかぎりの患者対応を行い、少しずつでも信頼関係が築けるように努力は続けるべきです。そして、その積み重ねが薬剤師としての「人間力」の向上につながるのだと思います。
 この点において、私を含め当社スタッフもまだまだ努力が必要です。しかし、たくさんの患者さんから信頼される薬剤師になれるよう、これからも日々努力を重ねていきます!

街の科学者になる

街の科学者になる

関連記事
・「質問ノートは現場力の結晶
・「調剤の機械化を進めるメリットとデメリットは?

It’ll be the pharmacy where I’d like to get a job most at JAPAN!
日本で最も「働きたい薬局」になる!

有限会社八幡西調剤薬局
北九州市、遠賀郡、宗像市、中間市にて調剤薬局を展開しています。
〒807-0856 福岡県北九州市八幡西区八枝3-12-1
TEL.093-695-0777 / FAX.093-695-0778
http://www.yph.jp/

自分で考え、明日の行動につなげる研修

2016年2月1日 月曜日

これからの薬局づくりに欠かせないのが「人間力」です。

どんな研修よりも現場が大切!
 私は以前、「現場こそ最大の研修」という記事を書きました。

以前の記事より一部抜粋。
“研修でどれだけ知識を学んだとしても、それを全て現場で活かすことはできません。もちろん最低限の知識は必要ですが、あとは繰り返し調剤を行うことや、現場で患者さんから様々な質問を受けることで、薬剤師としての本当のスキルが身についていくのです。”

また、それを説明する事例として「質問ノートは現場力の結晶」という記事も合わせて書きました。

以前の記事より一部抜粋。
“窓口で質問をしてくる患者さんから見れば、その薬剤師さんが、どれだけ学生時代に良い成績を残した人であろうが、どれだけ素晴らしい論文を発表した人であろうが、全く関係ありません。いかに安心して納得できる言葉をかけられる薬剤師であるかどうか、これこそが全てなのです。”

結局のところ「若いうちは、座学の研修を受けるよりも、現場でたくさん経験を積むほうが良い」と伝えているのですが、「じゃあ、研修を全く受けなくて良いか?」と聞かれれば「決して、そんなことはない」と答えています。むしろ、私は社内で誰よりも「研修」を大切にしており、自ら指揮をとって研修会の企画やサポートを行っているくらいです。

ただ“受ける”だけの研修なら、実施しないほうがマシ
 お恥ずかしい話ですが、当社が本気で研修に取り組み出したのは数年前からです。それまでは、製薬企業が行う新薬の勉強会や医療安全講習など、話を聞くだけの研修を必要最低限な分だけ実施していました。私自身も薬局における研修に対しては良いイメージがなく、ただ“受ける”だけ研修ならしないほうがマシだと思っていました。その理由は、一般的な薬局の研修では、偉い先生や知識のある方をお呼びして、ありがたいお話しを拝聴し、いくつかの質疑応答で終わり。何となく「ああ、いい話が聞けたなぁ」となりますが、研修内容が実行に移されることがないまま、また日常業務を繰り返す。…こんな経験を過去に何度もしていたからです。

研修を受けるだけでは意味がない?

研修を受けるだけでは意味がない?

自分たちで考えて、企画して、実行する研修
 しかし、現在の当社の研修は決して“受け身”ではありません。春と秋の年2回、全スタッフが参加する全体研修を行っています。研修内容は担当するスタッフが自分たちで考え、いまの会社に必要な研修は何かを話し合い、企画し、実施するスタイルをとっています。

研修の事例
・社会人のマナー〜社会人としてのマナーをもう一度身につけよう〜
・生き残る調剤薬局とは〜社員として何ができるか?〜
・日常業務の見直し〜忙しくなる季節に向けての再確認事項〜

 タイトルだけ読むと特に珍しい内容ではありませんが、当社の研修はその進め方が異なります。繰り返しますが、この研修は決して“受け身”ではありません。テーマに沿って講師やプレンゼンターが話したのち、数名のグループを作りディスカッションを行います。そして、何よりも大切にしているのは「明日から自分たちの店舗で何を行うか?」を最後に発表することです。もちろん、次回の研修の時には立てた目標とその結果を検証し発表します。

平成26年春期研修会

現場と研修を繰り返して、人間力を身につける
 誰かのありがたい話を聞いても実行に移さなければ、全くもって研修の意味がありません。話を聞き、自分たちの頭で考え、意見を出し合い、目標を決め、翌日から現場で実行する。その結果、成功や失敗を何度も経験することで「生きたスキル」が身につくのです。そしてまた、その経験を検証し振返る場所こそが“研修”となるのです。
 冒頭に「どんな研修よりも現場が大切!」と書きましたが、そこにブレはありません。現場こそが全てであり、毎日の経験こそが人としての成長につながるのです。研修は、あくまでも現場を振り返るきっかけにしか過ぎません。特に、私たち薬局で働くスタッフにとって、日常業務は同じことの繰り返しでしょう。だからこそ、現場→研修→現場→研修…、これを繰り返して、頭に汗をかき「生きたスキル」を身につける必要があるのです。そして、そのスキルが将来のあなたの「人間力」へと変化していくのです。

関連記事
現場こそ最大の研修
質問ノートは現場力の結晶

It’ll be the pharmacy where I’d like to get a job most at JAPAN!
日本で最も「働きたい薬局」になる!

有限会社八幡西調剤薬局
北九州市、遠賀郡、宗像市、中間市にて調剤薬局を展開しています。
〒807-0856 福岡県北九州市八幡西区八枝3-12-1
TEL.093-695-0777 / FAX.093-695-0778
http://www.yph.jp/

患者さんを観察し、生活者の視点を持つ

2016年2月1日 月曜日

これからの薬局づくりに欠かせないのが「人間力」です。

薬剤師である前に生活者であれ
 私たちは薬局で働いているスタッフです。「薬剤師」や「医療事務」という立場で仕事をしていますが、それはあくまでも職種です。また薬局業務を終えて一歩外に出れば、その地域で暮らす「生活者」です。私たちは毎日仕事をしていると、自分が生活者であることを忘れてしまいがちなのですが、現場で患者さんを相手に仕事をする上では、薬剤師や医療事務である前に、その地域で暮らす「生活者」であることを忘れてはいけません。

患者さんを観察すると見えてくるもの
 私は仕事上、各店舗を廻る業務も行っています。日々観察していると、店舗ごとの内装や飾り物の違いがよく目に入ってきます。それは、それぞれの店舗によって来局される患者さんの年齢層や家族構成が異なるので、それに合わせた内装や飾りになるのでしょう。そんなある日、高齢者が多く訪れる店舗で面白いものを発見しました。

傘・杖をお掛けください

傘・杖をお掛けください

また、子供が多く訪れる店舗ではこんなものも発見しました。

雨の日は

すべりやすいので マットで足をふいて お入りください

それぞれ、スタッフになぜそれを作ったか確認したところ、「患者さんに杖を持っている方が多いけど、いつも杖をかける場所がなくて困っているので…。」「子供たちが雨の日に、薬局内で走ってよく転ぶのです。見ていて危なくて…。」との答えが。

生活者の目線なれば行動が変わる
 自画自讃かもしれませんが、私はこのスタッフ達の行為をとても嬉しく思いました。このような視点を持った行為は、患者さんをいつも観察していていないと行えません。それは薬剤師でも医療事務でもなく、ひとりの人間として当たり前の行為です。
 私たちは日々の業務に追われて目の前の仕事(調剤等)を優先してしまい、なかなか薬局内で待っている患者さんの様子まで目が届きません。ほんの少し意識して、患者さんを観察すれば、何に困っているか、どんな不便があるかが見えてきます。もっと言えば、自分自身が薬局スタッフではなく、ひとりの患者さん(生活者)としてこの薬局に訪れた際に、どうすれば気持ち良く過ごせるか?と考えることができれば、その行動が大きく変化するのです。

就職・転職では、薬局の細部まで観察しよう!
 もしあなたが今から就職したり、転職したりするのであれば、面接や店舗見学の際に薬局の細部まで観察してください。目に見えた物がほんの少しの飾り付けや内装だったとしても、そこに生活者の目線が入っていたら、きっとその薬局のスタッフは「人間力」のある優しい人達だと思います。そして、新しくその店舗で働き出した時には、ぜひとも生活者の視点を持って毎日の仕事に取り組んでください!

It’ll be the pharmacy where I’d like to get a job most at JAPAN!
日本で最も「働きたい薬局」になる!

有限会社八幡西調剤薬局
北九州市、遠賀郡、宗像市、中間市にて調剤薬局を展開しています。
〒807-0856 福岡県北九州市八幡西区八枝3-12-1
TEL.093-695-0777 / FAX.093-695-0778
http://www.yph.jp/

質問ノートは現場力の結晶

2016年2月1日 月曜日

これからの薬局づくりに欠かせないのが「現場力」です。

本当に現場が研修より大切なの?
 当社は「現場力」を大切にしている会社です。以前にも「現場こそ最大の研修」という記事を書いています。

以前の記事より一部抜粋。
“研修でどれだけ知識を学んだとしても、それを全て現場で活かすことはできません。もちろん最低限の知識は必要ですが、あとは繰り返し調剤を行うことや、現場で患者さんから様々な質問を受けることで、薬剤師としての本当のスキルが身についていくのです。”

「言っていることは理解できるけど、本当に現場でスキルが身につくの?」「実は、研修させる余裕がないから、現場力が大事だって言っているのでは?」と思われる方もいるでしょう。しかし、本当に現場の経験こそが薬剤師の生きたスキルになると、私は信じています。

質問ノートは現場力の結晶
 当社のある店舗では「質問ノート」と書かれた一冊のノートが存在します。スタッフが何度も触っているため、かなりボロボロになっています(苦笑)が、実はこのノートこそ、他でもない「現場力」の結晶なのです。その中には、現場の薬剤師が投薬の際に患者さんから受けた質問がQ&A形式で記されており、今でも日々更新されています。

記載されている質問の例
Q:子供が具合悪く食事が取れない。薬袋に「食後」とあるがどうすれば良いか?
Q:鼻血がよく出るのですがその対応は?
Q:アジスロマイシンを吐いた。3日間飲まないと効かないが、どう対処するか?

調剤薬局の質問ノート

このノートが現場力の結晶!

質問ノートの答えは十人十色。
 学生時代に授業で学んだこと、論文に記載されていること、座学の研修で学んだことはとても大切です。薬学の知識を持っていることは薬剤師としての基本であり、それがないと仕事になりません。しかし、現場で仕事をする上で、その知識だけではどうしても限界があります。
 先ほど書いた上記の3つの質問は、現場のベテラン薬剤師さんから見れば特に変わった質問ではありません。よく聞かれる質問でしょうし、その答えに困ることはないでしょう。しかし新米の薬剤師さんや、その診療科を初めて経験する薬剤師さんにとって見れば、今まで受けたことのない(もちろん研修でも学ばない)想定外の質問なのです。
 この手の質問には、国家試験のように正しい回答はありません。質問してきた患者さんの性別、年齢、家族構成、体質、既往歴…など、相手によって十人十色の答えが存在します。それを言語化することは非常に難しいですが、このようにQ&A形式で記載しておくことによって、「なぜこの質問に、このように答えたのか?」「それには患者さんのどのような背景があったのか?」とスタッフ間で経験を共有することができるのです。そして、このノートは現場で経験をしないと、決して記載することができないのです。

調剤薬局の質問ノート2

内容は企業秘密なので、お見せできません(笑)

質問ノートは、現場力をつけるための手段!
 繰り返しになりますが、この「質問ノート」に記載されていることは、100パーセントの正しい答えではありません。もし、社外の薬剤師さんから「参考にしたいので貸して下さい」と頼まれても絶対に貸せません。当たり前ですが、このノートは「投薬マニュアル」ではないのです。同じ現場にいる薬剤師が考え方の基本にする「投薬ガイドライン」なのです。さらに言えば、このノートを作ることは決して「目的」ではなく、現場力をより早く身につけるための「手段」でしかないのです。
 窓口で質問をしてくる患者さんから見れば、その薬剤師さんが、どれだけ学生時代に良い成績を残した人であろうが、どれだけ素晴らしい論文を発表した人であろうが、全く関係ありません。いかに安心して納得できる言葉をかけられる薬剤師であるかどうか、これこそが全てなのです。
 だからこそ、私たちはもっと現場力を身につけないといけないし、その努力を怠ってはいけない。そのツールの一つとしてこの「質問ノート」が存在するのです。

 そろそろ…、あなたも社外秘であるこの「質問ノート」が読みたくなったでしょ?(笑)遠慮はいりません!さあ、私たちと一緒にこのノートのページを増やしていきましょう!

関連記事
現場こそ最大の研修

It’ll be the pharmacy where I’d like to get a job most at JAPAN!
日本で最も「働きたい薬局」になる!

有限会社八幡西調剤薬局
北九州市、遠賀郡、宗像市、中間市にて調剤薬局を展開しています。
〒807-0856 福岡県北九州市八幡西区八枝3-12-1
TEL.093-695-0777 / FAX.093-695-0778
http://www.yph.jp/