調剤の機械化を進めるメリットとデメリットは?

これからの薬局づくりに欠かせないのが「機械化」です。

調剤薬局が自動販売機になる時代が来る?
 調剤薬局の機械化は時代の流れと共に進んでおり、全自動錠剤包装機だけでなく、PTPシート全自動薬剤払出機、水剤定量分注機など様々な医療機器やシステム機器が登場しています。極論すぎる話ですが、ここまま機械化が進むと、そのうち「ジュースの自動販売機」のような「全自動調剤マシーン」が登場し、薬剤師不在でも全ての調剤を機械が行う時代になるかもしれません。この機械化の流れの中で、薬剤師の仕事はどう変わっていくのでしょうか?

調剤の機械化の流れはもう止められない!
 先日、医師で薬局経営者の狭間研至氏(http://www.pharmedico.com/hazama/)のお話を聞かせていただいた際に、インテリジェントファーマシー(高度な調剤機器やシステム機器を取り入れた薬局)という言葉を知りました。同氏が言うには「駅で切符を切る仕事が職員から機械に変わったように、薬局でも調剤を行う仕事が薬剤師から機械に変わっていく。」とのこと。私も現場に立つ薬剤師の一人として、この機械化の流れは止められないと感じています。

 もちろん、当社でもその時代の流れを読み取り、創業当初から様々なシステムや機械の導入を進めています。ただ、店舗によって来局する患者さんの年齢層(高齢者や小児など)や処方内容が異なるので、むやみに機械を導入するのではなく、店舗の状況に合う機械やシステムを導入しています。

機械化が進む調剤薬局

お子さんが多い店舗では水剤定量分注機も導入!

機械化は患者さんのために必要。
 このように機械化を進めていくことで、薬局ではいろいろなメリットがあります。まず何よりも調剤の時間短縮です。調剤の時間が短縮されるということは、患者さんの待ち時間が短縮されるということです。当たり前の話ですが、薬局に来る患者さんは何かしらの病気や体調不良の状態でやってきます。もしかしたら薬局に来る前に病院で散々待たされているかもしれません。だとしたら、せめて薬局での待ち時間を少しでも短くして、早く自宅に帰してあげることは、薬局の務めではないでしょうか。さらに言えば、調剤の機械化によって余った時間を「投薬」や「相談」に使い患者さんとのコミュニケーションを取ったり、「在宅業務」など別の仕事に費やしたりする事ができます。

また、患者さんの立場から考えても、長い時間待たされた上に10秒投薬で終わる薬局より、待ち時間が短く帰ることができ、必要があれば自分の健康相談にも乗ってくれる薬局の方が、確実に魅力を感じますよね。機械化は自分たちの為だけでなく、患者さんの為にもなるのです。

複数台同時に調剤できる機械を導入

2台同時に調剤できるシステムを導入することで、患者さんの待ち時間を短縮。

機械にトラブルは付き物。だからこそ人は強くなる。
 機械化にはデメリットもあります。その機械の故障やシステムがダウンした場合、薬局としての機能を全く保てなくなる可能性があることです。複雑な機械やシステムの内部は、その専門家でないと分かりません。実際に当社でも過去に機械やシステムのトラブルがあり、何度か冷や汗を流したことがあります。しかしトラブルが怖いからといって機械化をやめるわけにはいきません。トラブルが起きないように未然に防ぐ努力を徹底し、トラブルが起きた時の対処法をスタッフ間で共有して、できる限り患者さんに迷惑がかからないようにする。その繰り返しで機械のトラブルにも強くなっていくのです。

機械化を進め、薬剤師はもっと別の仕事を!
 世の中の流れから考えても、患者さんの満足度を上げるためも、薬局の機械化は止められません。機械ができる作業は機械に任せ、それによって生まれた時間を患者さんの健康につながるクリエイティブな仕事に当てる。それこそがこれからの薬剤師であり、薬局の仕事だと考えます。当社も機械化の進んだ薬局であることを自負していますが、まだまだ改善する余地が残っています。私たちは今後もできる限り機械化を進め、機械ができる作業は機械に任せ、現場スタッフがもっとクリエイティブな薬局の仕事に取り組める環境を作っていきたいと思います。さあ、あなたも一緒にクリエイティブな薬局の仕事に挑戦しませんか?

It’ll be the pharmacy where I’d like to get a job most at JAPAN!
日本で最も「働きたい薬局」になる!

有限会社八幡西調剤薬局
北九州市、遠賀郡、宗像市、中間市にて調剤薬局を展開しています。
〒807-0856 福岡県北九州市八幡西区八枝3-12-1
TEL.093-695-0777 / FAX.093-695-0778
http://www.yph.jp/

タグ: , , , , , , , , ,

コメントをどうぞ