人材から人財へ

これからの薬局づくりに欠かせないのが「人財」です。

私は仕事の都合上、人事労務に関する記事を読むことがあります。その中でよく「ジンザイ」と書いて「人材」・「人財」・「人在」・「人罪」という漢字を当てはめ、スタッフの管理を解説している記事を見かけます。はじめのうちは「ふーん」という程度で捉えていました。しかし今では、この「人財」という考え方を非常に考えるようになりました。

・人材・・・期待できる人。普通の人。
・人罪・・・実績もないし、成長も期待できない人。企業的にはお荷物。
・人在・・・実績はあるけど、それ以上の成長が見込めない人。
・人財・・・実績もあり、成長が期待できる人。企業的に欲しがられる人。

仕事理論より引用(http://www.webusagi.com/?p=138

人材から人財へ

当社のホームページでは「人材から人財へ」と記載されています。私はIT・採用担当になってから、それまでのホームページを大幅に変更したのですが、このページだけは当初の形のまま残しています。

八幡西調剤薬局/会社案内より

八幡西調剤薬局/会社案内より(http://www.yph.jp/profile/

なぜ薬局が「人財」にこだわるのか?

私がこのページを残した理由は3つあります。

一つ目。この言葉は、代表の柳瀬が日頃から大切にしている言葉であり、彼の口から何度も繰り返し聞いている言葉なので、その思いをしっかり残しておこうと考えました。

二つ目。薬局業界全体が、薬剤師をただの人材(店舗運営のための有資格者)として扱っている風潮があるからです。「うちの会社は絶対にそんな会社じゃない!」という、業界に対するメッセージでもあります。

そして三つ目。私自身、薬剤師と事務を含めた当社スタッフの一人ひとりに対して「人材じゃなく、人財になってほしい!」と考えるようになったからです。いつか、彼らが何からの理由でうちの会社を旅立つ日が来た時、どこに出しても恥ずかしくない「人財」になって欲しい!と、本気で思っています。

…どことなく、親が子供に思う気持ちと似ているのかもしれません。(笑)

誰にも負けない「人財」になる。

人材から人財へ。あなたが入社時には普通の「人材」だったとしても、どの薬局にも負けない「人財」に成長できる、…そんな薬局にしていきたいと思います。

It’ll be the pharmacy where I’d like to get a job most at JAPAN!
日本で最も「働きたい薬局」になる!

有限会社八幡西調剤薬局
北九州市、遠賀郡、宗像市、中間市にて調剤薬局を展開しています。
〒807-0856 福岡県北九州市八幡西区八枝3-12-1
TEL.093-695-0777 / FAX.093-695-0778
http://www.yph.jp/


タグ: , , , , , , , ,

コメントをどうぞ