サイトマップ

お薬手帳について

このページについて:
お薬の処方履歴を管理するための
お薬手帳について掲載しています。

お薬手帳が安全な服用を手助けします

お薬手帳とは?

医者に、「今飲んでいるお薬はありますか?」と聞かれ、困ったことはありませんか?

お薬手帳は、あなたに処方されたお薬の名前、服用量、処方日などを記録していくための手帳です。お薬手帳があれば、異なる医療機関であっても服用履歴が分かるので、お薬の飲み合わせや重複などの服用事故を未然に防ぐことができます。

あなたの身の安全のために、お薬手帳を携帯されることをおすすめします。

お薬手帳

お薬手帳の使い方

病院、または薬局に提出する
病院や薬局を利用する際はかならず携帯するようにしましょう。処方されたお薬について、医師や薬剤師が適時加筆します。市販薬の場合でも記録することにより一層の安全が保たれます。
いつも携帯しておきましょう
医療機関にはいつお世話になるか分かりません。万が一のために、お薬手帳は常に持ち歩く習慣をつけましょう。仮にお薬手帳を忘れた場合でも、処方されたお薬の履歴はかならず受け取りましょう。
気づいた点はメモする習慣をつけましょう
お薬のことで気づいたことや、医師、薬剤師に尋ねたいことをメモする習慣をつけましょう。

お薬手帳の受け取り方法

はじめてお薬手帳をもらうときは、処方箋を提出する際に「お薬手帳をください」とお伝えください。
お薬手帳は無料です。(※手帳は無料ですが、お薬手帳に記録をする際は、わずかですがお金がかかります。負担金は健康保険の負担割合により異なりますので、詳しくは薬剤師にお尋ねください。)

お薬手帳はかならず1冊にまとめましょう。お薬手帳が複数冊あると、お薬手帳本来の効力(お薬の飲み合わせや重複に対するチェック)が十分に発揮できないことがあります。